クリスマスカードを海外に送る時期はいつまで?日本は?喪中の文例集

クリスマスカード

この時期、雑貨店や文具コーナーなどで、クリスマスカードが沢山並ぶようになりましたね。

Sponsored Link

どのカードも色がきれいで、子供向けに人気キャラクターの描かれた物や可愛らしい仕掛け付きのカード、音の出る物もありますね。
また、家族や恋人、大切なお友達に送るのに向いている雰囲気のあるカードもあったりと、本当にたくさんの種類が出ています。

しかし、元々クリスマスカードを送る習慣のなかった日本では、いつ頃送るものなのか、何を書けばいいのか、分からないことも沢山ありますよね。

日本では派手に飾り付けをして、ご馳走を囲んで賑やかにパーティーをしたり、恋人へプレゼントを贈ったり、という過ごし方が主流となっていますが、そもそもはキリスト教徒にとって大切な行事なわけです。

 

クリスマスカードを海外に送る時期はいつまで?日本は?

Sponsored Link

海外ではクリスマスカードを送るのは、11月の第四木曜日にある感謝祭の後から12月上旬くらいになるそうです。

海外のお友達や知り合いにカードを送る場合は、かかる日数も考えて12月上旬までに着くように送りたいですね。ちなみに、カードは日本的な和風デザインのカードは喜ばれるそうです。
日本では少し早くもらうと、もうクリスマスカード?と思ってしまいそうですが、少し早く着いても届いたカードを並べて飾ったりして楽しむそうなので、大丈夫ですよ。

では日本だといつ頃送ればいいのかですが、あまり早くても何だか時期はずれな感じがどうしてもありますよね。きっと、クリスマスのパーティーでカードを交換したり、イブや当日に届くように日付指定でプレゼントと一緒に送る方も多いのではないかと思います。

厳密にいつから、という決まりはありませんので、おおよそクリスマス前までには、といったところだと思います。

 

クリスマスカードの海外や日本のメッセージや文例集

クリスマスカード

次に、カードの内容ですが皆さん何て書いていますか?
私自身、毎年悩むところです。

お店で売られているカードには、ある程度のメッセージが印字されているものも多いですが、大切な人に贈る一年に一回のカードですから、せっかくなら手書きのメッセージを書きたいですよね。

まず、これも海外の場合ですが

 ◎ Merry Christmas! I hope you have a wonderful days!
 ◎ 楽しいクリスマスを!素晴らしい日になりますように!

というような内容が一般的です。

日本でいう年賀状の「あけましておめでとう」や「謹賀新年」みたいな感じでしょうね。

これに加えて、恋人に送るカードなら、

いつもありがとう。来年のクリスマスも一緒に過ごそうね
クリスマスプレゼントは君がいるからいらないよ

また、メッセージの最後に「あなただけのサンタクロースより」とか、普段ならちょっとダサいかも、小っ恥ずかしくて言えない、なんて事も上手く雰囲気に乗せて書いてしまってくださいねー。
きっと、笑いながら喜んでもらえますよ。

家族や子供向けには、

クリスマスのお願い事が叶いますように!

また、プレゼントを用意した上で、「○○の部屋の引き出しを開けてみてね」と書いてサプライズを仕掛けても、子供はきっと楽しい事でしょう!

 

クリスマスカードを喪中に送ってもいい?

さて、年賀状の場合ですと喪中は出すのを控えるものですが、クリスマスカードの場合は、特に控える決まりや習慣はありません。つまり、送っても問題はないわけです。

でもやっぱり悲しい事があった後なのに、メリークリスマスという雰囲気じゃない、という時は、カードのデザインを地味な色の物や厳かな雰囲気の物を選んで、無理にクリスマスの事に触れる必要もないのです。

いかがお過ごしですか?有意義な1日になりますように

また、近しい人を亡くされた方や亡くなって間もない場合には

あなたの心の平穏を祈っています
あなたの心が1日も早く癒えるのを願っています。いつでも話を聞くから連絡してね

とか、あえて話題に触れても良いのではないかと思います。きっとあなたの優しい言葉に癒されると思いますよ。

さてさて、沢山書きましたが、皆さんどんなカードに何を書きますかー?

私もまだまだ悩み中です。
素敵なカードに、心のこもったメッセージで相手の喜ぶ顔が見たいですね。

皆さんが、素敵なカードとともに素敵なクリスマスを過ごせますように願っています。

Sponsored Link
2015-09-07 | Posted in イベントComments Closed 

関連記事