スポーツクライミングとは?オリンピック競技で有力選手は誰?

スポーツクライミング

スポーツクライミング(フリークライミング)が2020年の東京オリンピックの追加種目に選定されそうですね。といっても「スポーツクライミングとは何?」とこのスポーツについてご存知ない方も多いのではないでしょうか?

Sponsored Link

実は管理人、室内クライミングにハマっていたことがあって、自前の専用シューズやハーネスも持っているんですよ。^^

今日はゲーム感覚で楽しめるスポーツクライミングとは何かについて。また東京オリンピックで種目に追加されたら、日本人では誰が出場選手候補として有力なのかを調べてみたいと思います。

 

スポーツクライミングとは何?

Sponsored Link

もともとスポーツクライミング(フリークライミング)とは道具を使わずアウトドアで岩をのぼっていくものです。

東京オリンピックでは

・制限時間以内に到達できた高さを競う「リード
・ロープを使わずに縦横無尽に広がった壁を登っていく「ボルダリング
・登る速さを競う「スピード

などが採用されるのではないでしょうか。

こちらでは一般人が始めやすい室内で行われるスポーツクライミングについて説明していきますね。

まず下の画像を見てください。こちらのスポーツクライミングは二人一組となって行います。
クライマー(登る人)は最上部から吊られたロープをハーネス(安全ベルト)に装着し、ピレーヤー(地上でクライマーに合わせてロープを引いたり出したりする人)からサポートされながら、人工の壁と岩の最上部を目指して登っていくスポーツ。
ピレーヤーはクライマーが突然手を離した場合、急な落下を防ぐためにロープは常に程よくクライマーにとって最適な状況を保つ必要があります。

スポーツクライミング
さらに画像を注意深く見ていただくと、一つ一つの岩の横に色のついたテープが貼られているのがわかります。ピンク、黄色、緑色など。

このテープの色ごとに難易度が分かれていて、これがルートとなります。登る前にルート(テープの色)を決め、その色テープのついた岩のみを登っていくんです。
登る前にルートをイメージしてパズルを攻略していくように登るのも、スポーツクライミンの面白さの一つだったりします。

スポーツクライミングは全身運動で、ほどよい筋肉がつきますし柔軟性やバランス感覚も同時に得ることができます。
腕力だけで登っていくのではないので女性でも子供でも手軽に始められるスポーツですね。

また集中力を必要とするスポーツで、終わったあとの全身と脳を使い切った達成感や爽快感もたまらないのがスポーツクライミングの魅力なんです。

 

スポーツクライミングが東京オリンピック競技になると有力選手は誰?

まず、スポーツクライミングの女子で世界でもトップクラスで有名なのが野口啓代(のぐち あきよ)さん。ボルダリングのワールドカップの女王です!

野口啓代
野口啓代さんがどんなふうに登るのか動画で見てください!めちゃくちゃカッコイイんです!

◎動画はこちら→ボルダリング初心者におすすめのクライマー 野口啓代

男性選手では安間佐千(あんま さち)さんでしょうか。

安間佐千
安間佐千さんのクライミングの動画も御覧ください。^^

◎動画はこちら→クライミングワールドカップ印西2012 男子ファイナル 安間佐千

スポーツクライミングはまだそこまでメジャーなスポーツではないので、今から始めて5年後のオリンピック出場選手候補になることも可能ではないでしょうか!?

ますます東京オリンピックが楽しみです。

Sponsored Link
2015-09-03 | Posted in スポーツComments Closed 

関連記事