瞑想で不安・恐怖・ストレス・眠れない悩み等を和らげ解消しよう

瞑想

まだ見もせぬ将来に不安に感じたり、過去にあった出来事で苦しんだり。私たちはいつもどこかで不安や恐れを抱えて生きてしまっています。

Sponsored Link

瞑想で思考を静めることにより、不安や恐れやストレスを取り除くことができると知ったら「やってみたい」と思いませんか?

今日は不安・恐怖・ストレス・眠れない悩みなどを和らげ、解消する目的で「お香と自分の想像力」を使った瞑想を紹介したいと思います。

お香は場を清めるために使われ、煙を体につけると厄よけにもいいと言われていますよね。

それだけでなく、お香の浄化作用で不安や恐れといったネガティブな思考も取り除くこともできます。

イメージ瞑想で不安・恐怖・ストレス・眠れない悩み等を和らげ解消しよう!

Sponsored Link

  1. あなたのお好きなお香を選んでください。
    サンダルウッド、ラベンダー、バニラ、フランキンセンス、セージ、ベルガモット、ベンゾインなど。それ以外でもあなたが好きな香りにしましょう。
    お香には形もスティックタイプ(棒状)やコーンタイプ(円錐型)などあり
    原料もなるべく自然の素材をつかっていて、人工的でないものがいいですね。
    お香の煙は部屋の浄化にも役立ちますが、もしお香を炊くのに抵抗があるならばアロマオイルでもいいですよ。

  2. お香に火をつけて、先についた炎を吹き消してお香を焚きます。

  3. 椅子に座るか、床にあぐらをかく、または仰向けに寝そべってもいいです(仰向けのまま、膝を曲げて膝同士をくっつけてもいいです)。無理な姿勢や体勢はとらずに、とにかく自分が一番心地よいと思える状態にしてくださいね。お香も安全で目の届く範囲で自分の位置より少し離れた場所に置いて、ほのかな香りを楽しめるようにしましょう。

  4. 目を閉じて、まずはお香の匂いをゆっくりと感じてください。

  5. 息を吸う時にお香の香りがスッと頭の中に入っていくのをイメージします。
    そのお香があなたの思考や心配事などを静めていきます。

  6. 息を吐き出す時、自分の胸とお腹の動きを感じてください。
    そして息と共にネガティブな思考や心配事が体の中から出て行くことをイメージします。

  7. 5〜6の呼吸を繰り返します。時間は10分程度でいいですし、気持ちが良かったらそれ以上続けてもいいです。
    お香が頭の中の思考を浄化してネガティブな思考を吐き出す。この吸う息と吐く息に集中してください。

  8. 「もういいな」と感じたら目を開けて、軽くストレッチして、お香を消してください。

このイメージ瞑想や呼吸法を1日1回か、お香はなくてもいいので自分で不安を感じた時にいつでもどこでも使ってくださいね。
Photo By pixabay.com

Sponsored Link

2015-08-03 | Posted in スピリチュアルComments Closed 

関連記事