スーパームーン2016年11月14日の時間や満月の願い事の方法

スーパームーン
2016年の次のスーパームーンは11月14日(月)に訪れます。しかも今年は月と地球の距離が縮まり、68年ぶりの近さになります!

Sponsored Link

今日はスーパームーンのしくみや時間、またスーパームーンに有効な満月の願い事の方法をお伝えしたいと思います。お月様を楽しんで願いも叶えてしまいましょう!

 

スーパームーンの前におさらい!満月・新月とは?

「スーパームーンと言えば満月のことでしょ!」と思いがちですが、スーパームーンは新月のこともあるんですよ。そこで満月・新月のしくみを復習してみましょう。

月の満ち欠けは太陽と月の位置に関係があります。

地球から見て太陽と月が同じ側にある月が「新月」です。地球から見ると月が影に隠れています。逆に満月は月が太陽の反対側にあります。

月の満ち欠け出典:http://www.kids.isas.jaxa.jp/zukan/solarsystem/moon01.html

 

スーパームーンとは?

Sponsored Link

この満月・新月のどちらかが月の地球への最接近の日と重なった月をスーパームーンと呼び、地球に一番接近された月は通常よりも約14パーセント大きく、約30%明るく見えると言われています。

今年のスーパームーンは地球と月の距離が356,509kmまで縮まります。

ちなみに次に地球と月がこの距離まで近づくのは2034年11月25日。

 

2016年11月14日のスーパームーンの時間は?

次のスーパームーンは2016年11月14日(月)に起こり、スーパームーンの時間は、

午後10時52分

です。

 

スーパームーンの願い事は叶う?願い事の方法は?

美しい満月を見ると思わず「願い事が叶うかもしれない」と月へ願いを送ってしまいがちですが、満月のエネルギーというのは満ちたパワー。満月の日に出産が多かったり、潮がみちたりする、達成・ゴールのエネルギーです。

そういう意味もあり、満月の日に願い事をするのはあまり効果的ではありません。
何かを叶えたい、ダイエットを成功させたい、両思いになりたいなどの願いは、何かを始めるに適した新月にお願いするといいです。

では、満月の夜にやるべきことは何でしょう。

満月の日に効果的なのは「手放し」です。達成・ゴールのエネルギーを利用して、必要なくなった習慣や人間関係などを手放します。断捨離などにも適しています。

満月のパワーを利用して不要なものを手放し、人生を身軽で調和されたものにしましょう。

満月の手放しに効果的な方法は紙に書くことです。心で願うことでもいいですが、紙に書く行為がより願いを引き寄せます。
紙に手放したいと思うことを書いて、それを満月の月光に浴びさせるといいですよ。

次に満月の夜にやるべきことで有名なのは「お財布フリフリで金運アップ」ですよね。
財布の中身を全て取り出して空っぽにして、満月に向かって感謝の言葉(「今月もありがとうございました」等)と共に財布を3回ふります。
お財布に月光を当てることで、満月のパワーを注ぎ、金運をアップさせます。

また、満月の月光を利用してお持ちのパワーストーンの浄化にも適していますね。
パワーストーンの浄化方法は、日光に当てる、セージを炊く、塩に埋める、土に埋める等ありますが、石によって適さない浄化方法もあります。
でも月光に当てる浄化方法は全ての石に有効なのでオススメです。

さて、きたる2016年11月14日(月)のスーパームーンを見て楽しみ、パワーももらって存分に楽しみましょうね。

ちなみに来年の2017年は残念ながらスーパームーンはなく、2018年1月2日に再び目にすることができます。

Sponsored Link
2015-08-19 | Posted in イベント, スピリチュアルNo Comments » 

関連記事