ホウチ民の田中美晴がかわいい!大学卒で英語は完璧!【画像】

ナインティナイン司会のTBSテレビ「世界のどっかにホウチ民」でアフリカはザンビア共和国で3ヶ月間一人暮らしをすることになった女優の田中美晴(たなか みはる)さん。

アフリカで一人暮らしなんて危険!治安は大丈夫?言葉は通じるの?!など不安ですが、田中美晴さんはどのように生き抜いているのでしょうか?

田中美晴のプロフィール

田中美晴

埼玉県出身、1992年12月25日 22歳。

身長155cm
スリーサイズ:バスト79cm、ウエスト56cm、ヒップ80cm
靴のサイズ23cm

田中美晴さんは2005年に第一回アミューズ「お姫様オーディション」でグランプリを獲得して芸能界入りしました。

「お姫様オーディション」って?!

大手芸能プロダクションアミューズが月刊「De-View」とコラボし、開催された男性と女性部門のオーディションで2005年に第一回目が行われ田中美晴さんがグランプリに。

ちなみに、男性部門「王子様オーディション」のグランプリは水田航生さん。

2006年にも「第二回お姫様王子様オーディション」は開催されましたが(男性部門は冨田佳輔さん、女性部門は木下美咲さんがグランプリに)、その後は行われていない模様です。

田中美晴

◆大学卒業と同時にザンビアにホウチ民された田中美晴

Sponsored Link

田中美晴さんは2015年3月に大学をご卒業されたばかり。
ちなみに、どの大学かは明らかになっていません。

そして卒業後最初の仕事が「海外定住実験バラエティー 世界のどっかにホウチ民」。
この企画でアフリカはザンビア共和国で3ヶ月一人暮らしをすることに。

海外経験のないタレントを言葉の通じない国へ放置し、90日間生き抜く姿をナインティナインが見守るというこの番組、

他のタレントはどの国へホウチ民されたのでしょうか。

アメリカ合衆国、ニューヨーク・ゆりやんレトリィバァ
ボリビアスパローズの森田悟
タイベン山形
ザンビア田中美晴

芸人がニューヨークで女優がザンビアに放置?!って酷だと思いません?でも企画的には女優さんがアフリカに行く方が面白いのかな?

田中美晴

 

◆ザンビア共和国ってどこよ?

さて、ザンビアにホウチ民された田中美晴さん。

地理にめっぽう弱い私「ザンビアって一体どこよ?」ってことで、アフリカ大陸の地図で確認。

ザンビア

日本から13000kmも離れたザンビアはアフリカの南部に位置する共和国で、イギリス連邦加盟国なので公用語は英語です。
治安は周辺の国に比べたら断然良いそうなので安心ですね。

そして田中美晴さんはザンビア共和国のリビングストンという街で一人暮らしを始めました。

リビングストンは野生動物の生息する大自然に囲まれた人口およそ14万人の街。過去に野生のゾウが街へ迷い込んで来たことがあり、ゾウ避けの電気柵が作られたこともあり、市民は野生動物と共存しがなら暮らしています。

ゾウやキリンが普通に街を歩いているなんて想像できませんが、一度は見てみたい風景ですね。

 

◆大学を卒業したばかりの田中美晴の英語力は?

田中美晴

ホウチ民を見る限りでは旅行で必要な英会話は出来ている感じですね。
ただ自分の希望を英語で伝えることはできても、相手の返事の聞き取りが苦手なのか、
「街まで行くバスが10分後に来る」を「歩いて10分で街に着く」と理解しまい、結局歩いて街まで1時間もかかってしまった。なんて失敗も。

でもバンバン英語で話しかけていく田中美晴さんの行動力はすごいです。見習いたいですね。

今後も田中美晴さんのザンビアでの様子が楽しみっ!

Sponsored Link
2015-05-30 | Posted in エンタメNo Comments » 

関連記事